電波天文学とは


 携帯電話の普及で「電波の受信」という言葉自体はけっこうおなじみになっているかと思いますが,その「電波」は光と同じ電磁波の一種です.私たちが目で感じることができる光(可視光)は波長が5000Å前後ですが,電波はこれよりもずっと波長が長くだいたい0.1mm程度よりも長いものが電波と呼ばれています.
電磁波
電磁波

 同じ天体でも可視光で観測するのと,電波で観測するのとではずいぶん違った様子を示します.これはそれぞれの電磁波の放射メカニズムが異なるためです.つまり,電波で観測しないと明らかにできない現象がたくさんあるということです.
 太陽もそうですが,夜空に輝く恒星はとても高温ですが,実は星間空間に漂う分子ガスと呼ばれるとても冷たいガスから生まれてきます.この分子雲は非常に低温のため,可視光では見ることができませんが,電波域に見られる分子スペクトル線を観測することで,その姿を見ることができます.
 苫小牧観測所では,星が形成される分子雲の性質や運動について,電波観測を通して調べています.



観測所トップページへ