<宇宙理工学教育研究センターのページへ>
われわれは何を目指すのか
宇宙理工学教育研究センター 設立の趣旨

20世紀の宇宙科学・惑星科学は目覚しい発展をとげた。一般相対性理論に基づいた「標準ビッグバンの理論」の確立は、宇宙初期の物質の状態や運動の様子を明らかにした。特に、宇宙の黒体背景放射および軽元素観測からは、初期の宇宙では、水素とヘリウムがほぼ一様に分布していたことがわかってきた。一方、現在の宇宙は、さまざまな原子、分子が存在し、銀河団、銀河、星雲、恒星、惑星などの多種多様な階層の天体に満ちている。加えて、最近の観測機器の発展によって、原始星周縁の惑星系星雲が形成されることが明らかになり、また、太陽系外の惑星も多数発見されてきている。約150億年前の一様なガスの状態から始まって、現存する宇宙の多様な天体、構造がどのように形成されてきたのか、初期宇宙の元素から惑星における生命の誕生へと至る展開がどのようにして可能となったのか、宇宙の全歴史を視野に入れた、物質の進化・循環の研究は、21世紀の宇宙科学・惑星科学の中心課題となるであろう。

宇宙理工学教育研究センターは、この『宇宙における物質の進化』の解明を主たるテーマとして、北海道大学における宇宙科学、惑星科学、宇宙工学の研究者が協力していくための中枢機関たることを目的とする。センターは、苫小牧演習林に設置された電波望遠鏡を中核として、北海道大学の各部局において行われている宇宙科学、惑星科学の教育研究活動を有機的に統合し、その推進を図る。あわせて、北海道地区における、教育研究活動とその成果の普及を促進する。

20世紀に大きく発展した宇宙惑星科学に対しては、知的興味の対象として一般社会の関心が高い。学内外からその発展にむけての期待が大きく、その成果の普及に対しての要望もつよい。宇宙惑星科学は大学における研究教育活動の象徴ともいえる分野である。宇宙惑星科学は、情報科学、生命科学を包括して、21世紀の総合大学における研究教育の中心的な部門として位置付けられるべきものである。センターはこの分野の発展に貢献することを目指す。

宇宙惑星科学の教育・研究充実に向けては、学生からも要望もつよく、社会的な要求も大きい。それに応えるために、センターを設立して、全学教育を含めた大学における教育体制を整備し、同時に、宇宙物理学などの基礎科学部門の充実する。これによって、基幹総合大学院大学の使命である次代をになう若手研究者の育成のための環境の整備を図る。


>北大の新しい宇宙惑星科学の研究教育体制